アニュレポ!

有価証券報告書情報を使った企業研究まとめ|就活生・転職者の企業研究

有価証券報告書から給料・退職金を調べる方法

      2015/01/06

下記のA社とB社ではどちらが実質的な給料が高いと思いますか?

項目A社ホールディングスB社
平均給与650万円
(参考値)
620万円
退職金制度有(確定給付)
一人当たり
退職給付費用
-40万円
従業員株式所有制度有(株式給付型)
ストックオプション制度

就職雑誌等で会社の平均年間給与のみを追っていると、A社の方が給料が高いように見えます。ただし、平均給与の内容及び退職金等の給与以外の項目を合わせた総合的な金額で比較しなければ本当の給料は見えてきません。

上記の表の項目は全て、有価証券報告書から情報を入手することができます。

有価証券報告書の情報を利用していくと、会社に長期間勤務する場合には、A社よりもB社の方が総合的な給料が高くなると考えられます。

また、退職金と給料では税金が大きく異なるため、手元に残る金額に大きな違いが生じます。

こんなに違う給料と退職金の税金

そこで今回は、有価証券報告書から給料と退職金制度等を調べる方法を紹介します。

退職金等の情報は、有価証券報告書を調べなければわからないため、ライバルに知られずに、こっそりと高給企業を探すことができます。

 

平均年間給料の調べ方

まずは、有価証券報告書から平均年間給料の調べ方をおさらいします。

有価証券報告書の目次から「第1 企業の概況」 の「5 従業員の状況」を開くことで、会社の平均年間給与、平均年齢、平均勤続年数を調べることができます。

尚、有価証券報告書の目次の表示方法は下記の記事をご参照下さい。

有価証券報告書の入手方法

 

<例:出光興産株式会社 平成26年3月期有価証券報告書 第1 企業の概況 5 従業員の状況>

6.heikinkyuuyo2

 

平均年間給料で注意すべきポイント

有価証券報告書や就職雑誌等に記載されている平均年間給料を見る際に、注意すべきポイントがあります。

それは記載されている情報が、有価証券報告書を提出している会社の単体情報であって、連結情報ではないという事です。

連結情報と単体情報の違い及びポイントについては、下記の記事で詳細に記載しています。

連結情報と単体情報の違い。有価証券報告書を見る上で知っておきたい5つのこと

 

有価証券報告書から退職金制度の有無の調べ方

冒頭で述べた通り、退職金制度を採用しているかどうかで従業員が貰う実質給料に大きな差が生じてきます。

有価証券報告書の目次から「第5経理の状況」の「1連結財務諸表等(1)連結財務諸表の注記事項」を開き、(退職給付関係)の記載を見て下さい。

ここに連結会社の退職金制度が記載されており、その内容を調べることができます(退職金制度がない場合は「該当なし」となります)。

(退職給付関係)の場所を探すのが少し難しい場合は、目次から「第5経理の状況」の「1連結財務諸表等(1)連結財務諸表の注記事項」を開き、その後、ページ内検索で(退職給付関係)を検索してみて下さい。

<例:出光興産株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書 第5経理の状況 1連結財務諸表等(1)連結財務諸表 注記事項(退職給付関係)>

7.taishokukyuufu1

退職金制度の内容を理解する

上記で調べることのできる退職金とは厚生年金や国民年金といった公的年金とは違い、会社が従業員のために積立てもしくは引き当てている、退職金制度の事を指します。

この退職金制度には、主に確定給付退職金と確定拠出退職金があります。

確定給付退職金と確定拠出退職金制度の違い

退職時に従業員に支給される金額が決まっている場合、これを確定給付退職金といいます(給付される金額が確定しているため)。

一方、従業員のために会社が年金資産に拠出する金額が決まっている場合、これを確定拠出退職金(拠出される金額が確定しているため)といいます。

一見、同じように見える2つの制度ですが大きな違いが存在します。

それは、退職金の運用リスクを会社が持ってくれるか(確定給付制度)、従業員が持つか(確定拠出制度)という違いです。

尚、前述の出光興産の例では確定給付退職金制度を採用しています。

<例:出光興産株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書 連結財務諸表 注記事項 (退職給付関係)>

7.taisyokukyuufu2

 

運用リスクとは

運用リスクを理解するために鈴木さん(仮名)が確定給付制度を採用するA社と、確定拠出退職制度を採用するB社に入った場合を考えてみます。

会社は鈴木さんの今年の働きに対して、退職金を支給することにしました。

ここで、今年の働きに対して生じた退職金を鈴木さんに支払うのは、鈴木さんが退職する20年後であったとします。

 

鈴木さんがA社に入社したケース

もし、鈴木さんが確定給付制度を採用するA社に入社した場合、鈴木さんが会社から20年後に支払われる金額は確定しています。

仮にこの金額が15万円であったとします。

A社は20年後の鈴木さんに15万円を支払えばよいのですから、今年に年金資産として10万円を拠出し、これを年間利回り2%を目標に20年間運用することにしました。

目標通りに運用された場合、今年拠出した10万円は20年後には約15万円になります(10万円×(1.02)²° ≒ 15万円)。

仮に、会社の実際の運用利回りが3%であった場合、今年拠出した10万円は20年後に18万円に増加します[10万円×(1.03)²° ≒ 18万円]。
また、会社の実際の運用利回りが-1%であった場合、10万円は20年後には8万円に減少してしまいます[10万円×(0.99)²° ≒ 8万円]。

しかしながら、確定給付制度を採用するA社の場合、会社の実際の利回りが3%であろうと-1%であろうと、鈴木さんには20年後に最初に定められていた金額15万円が支給されます。

この15万円と実際の運用額との差は会社の費用(または利益)となります(運用リスクは会社が持つ)。

 

鈴木さんがB社に入社したケース

一方、鈴木さんが確定拠出制度を採用するB社に入社した場合、会社は今年の鈴木さんの働きに応じて年金資産に10万円を拠出することは決めましたが、その後、鈴木さんが退職するまでの運用は鈴木さん自身が行う(通常、証券会社等が用意したコースから選択する)ことになります。

例えば、鈴木さんの毎年の運用利回りが毎年2%だったとすると、鈴木さんは20年後にA社と同じく15万円を手にすることができます。

しかし、鈴木さんが運用に失敗し、毎年の運用利回りが-1%だったとすると、鈴木さんは20年後に8万円しが支給されません[10万円×(0.99)²° ≒ 8万円]

逆に、鈴木さんの毎年の運用利回りが年間3%であったとすると、鈴木さんは20年後に18万円を手にすることができます[10万円×(1.03)²° ≒ 18万円]。

つまり、確定拠出退職制度のもとでは、鈴木さんの運用成績により20年後に貰える退職金の額が変わってきます。

拠出された10万円と実際の運用額との差は、鈴木さんの利益または費用となります(運用リスクは従業員が持つ)。

確定給付制度と確定拠出制度のどちらがいいか?

確定給付制度と確定拠出制度はどちらがいいのでしょうか?はっきり言ってこの問いに答えはありません。

確定給付制度では決まった金額が退職時に貰えますが、確定拠出年金制度においては高い利回りで運用できれば多くの退職金を手に入れることができ、低い利回りでしか運用できなければ退職金はその分減ってしまいます。

変動がない確定給付制度がいいと考えるか、退職金を増やせる可能性も、減る可能性もある確定拠出制度がいいと考えるかは人それぞれです。

その他、注意したい退職制度の種類

また、確定給付や確定拠出とは別の種類として、厚生年金基金という退職金の制度があります。

この制度は、今後、約9割が解散予定とされているため注意が必要です。

詳細は下記の記事をご参照下さい。

会社の退職金が厚生年金基金がどうかを調べる方法

 

有価証券報告書から退職金の大きさを見分ける方法

会社が一人当たり退職費用としていくら計上しているかを調べることにより、連結従業員1人当たりの退職金の大きさを推定することができます。

先程と同様、有価証券報告書の目次から「第5経理の状況」の「1連結財務諸表等(1)連結財務諸表の注記事項」を開き(退職給付関係)の記載を見て下さい。

その中に「退職給付費用及びその内訳」が記載されている項目があります。

<例:出光興産株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書 連結財務諸表 注記事項 (退職給付関係)当期 退職給付費用及びその内訳項目>
taisyokukyuuhuhiyou

 

ここに記載されている勤務費用の金額(2個目の矢印)とは、当年度に従業員に付与された退職金額を、退職年度までの期間で割り引いた金額になります。

一方、確定給付に係る退職給付費用(3個目の矢印)とは、勤務費用に様々な調整を行った後、当期に退職給付費用として計上された金額を示します。

どちらを用いてもいいですが、この金額を連結従業員数で割ることで、一人当たりの年間平均退職金額の大きさがわかります。

前出の出光興産㈱の平成26年3月期の一人当たり退職給付費用は、2,764百万円÷8,749人=約31万円となります。

この金額を同業他社と比較することで、会社の退職金の大きさを知ることができます。

例として、下記にテレビ業界の退職給付を分析した記事がありますので、参考にして下さい。

テレビ業界の企業研究

 

その他、退職金制度と類似した制度

その他、退職金制度と類似した制度として、従業員株式所有制度というものがあります。

この制度を採用しているかどうかにより、実質給与が変わってきますので、下記のリンクからその探し方をチェックしておいてください。

有価証券報告書から従業員株式所有制度を採用する会社の探し方

 

最後に

今回は有価証券報告書から給料・退職金を調べる方法を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

また、有価証券報告書を使った企業研究を体系的に知りたいという方は、下記の「企業研究物語」から一連の方法を理解することができますので、ご参考にしてみて下さい。

企業研究物語

 

 - 有価証券報告書の使い方

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

会社の退職金が厚生年金基金かどうかを調べる方法

退職金制度の有無が実質給与に関係するということを、これまで当サイトで紹介してきま …

就活生・転職者が必ず知っておきたい監査報告書の見方

Edinetから有価証券報告書を検索すると、監査報告書という資料が添付されていま …

有価証券報告書から従業員株式所有制度を採用する会社の探し方

就職雑誌等から希望する会社の平均年間給料を知っている人は多いと思います。 ただし …

有価証券報告書を使った企業研究のメリット・デメリット

有価証券報告書を使った企業研究を当サイトでは紹介しています。 物事には大抵、メリ …

外資系企業の企業研究のやり方(米国編:EDGARの使い方2)

外資系企業の企業研究方法として、以前にEdgarを用いた企業研究のやり方を紹介し …

Edinetの使い方

Edinet(http://disclosure.edinet-fsa.go.j …

外資系の企業研究のやり方(アジア編)

前回は米国外資の企業研究のやり方をご紹介しましたが、外資系といっても、欧州や米国 …

連結情報と単体情報の違い。有価証券報告書を見る上で知っておきたい5つのこと

有価証券報告書には連結情報と呼ばれるグループ会社全体の情報と、単体情報と呼ばれる …

有価証券報告書の入手方法

「有価証券報告書」は上場会社に毎年提出が義務付けらている書類であり、Web上で容 …

就職活動生・転職者がチェックすべき有価証券報告書の5つのポイント

就職活動や転職において、有価証券報告書はとても役立つ書類です。   し …