アニュレポ!

有価証券報告書情報を使った企業研究まとめ|就活生・転職者の企業研究

有価証券報告書の入手方法

      2014/12/12

「有価証券報告書」は上場会社に毎年提出が義務付けらている書類であり、Web上で容易に入手できるため、企業研究においてとても利用価値の高い書類です。

「有価証券報告書」を就職活動や転職時に用いると、「採用情報」や掲示板からだけでは把握できない情報が取得でき、ライバルに差を着ける企業研究を実施する事ができます。

今回はこの「有価証券報告書」の入手方法を紹介します。

 

EDINETから有価証券報告書を入手する方法

EDINETという金融庁が運営しているサイトがあります。

ここに全ての上場会社の有価証券報告書がタイムリーに掲載されます。

その利用方法はとても簡単です。

 

1.EDINETのホームページを開く

Google等でEdinetと検索する、または、下記のリンクをクリックするとEdinetのホームページが開きます。

Edinet:http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/

 

1.edinet

 

Edinetのホームページが開いたら、次に上記にある通り「書類検索」のタブをクリックして下さい。

 

2.EDINETに企業名を入力する

次に検索したい会社名を入力します。

例えば製薬会社国内トップの武田薬品の有価証券報告書を調べる場合、次の様に入力します。

会社の正式名称を入力するのがベストですが、完全な正式名称ではなくてもある程度、ちゃんと検索してくれます。

ただし、お目当ての会社が見つからない場合は、正式な名称を調べてから入力するようにして下さい。

 

2.nyuuryoku

 

会社名を入力したら、書類種別がデフォルトで「有価証券報告書/半期報告書/四半期報告書」になっていますから、検索ボタンをクリックします。

 

3.直近の「有価証券報告書」を開く

検索ボタンをクリックすると、下記の通り、有価証券報告書や四半期報告書の一覧が開きます。

ここから、直近の有価証券報告書を開いてみましょう (武田薬品の場合、緑の矢印になります。)

 

3.yuuhou

 

すると、下記の通り有価証券報告書を開くことができました。

後は、左側に表示されている目次から目的の項目を探すことができます。

 

<目次: 武田薬品工業株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書>

4.mokuji

 

 

会社のホームページから有価証券報告書を入手する方法

有価証券報告書は会社のホームページからも入手できる場合があります。

多くの場合、会社のホームページから「TOPPAGE」→「投資家情報」→「IRライブラリ」をクリックすることで入手することができます。

また、有価証券報告書の入手方法として、EDINETへのリンクを貼っているだけの会社もあります。

いずれにせよ、会社毎に掲載場所が異なりますので、「投資家情報」の中から探してみて下さい。

 

有価証券報告書が見つからないケース

EDINET及び会社のホームページを検索しても、お目当ての会社の有価証券報告書が見つからない場合、以下のケースが考えられます。

 

1.有価証券報告書提出会社ではない

有価証券報告書の作成はあくまで、上場会社及び多くの株主が存在する会社に義務付けられている制度です。

従って、いくら有名な会社であっても、非上場会社等であれば有価証券報告書は作成されておらず、これを取得することはできません。

 

2.外国の会社

有価証券報告書はあくまで日本の制度であり、その提出が義務付けられているのも日本の会社のみです。

従って、いくら有名であってもApple Inc.やGoogle Inc.の有価証券報告書をEdinetから入手することはできません。

また、外資系会社の日本法人は、日本の会社ですが1.と同じ理由で日本で上場していなければ有価証券報告書を入手することができません。

しかしながら、AppleやGoogle等の外国の会社が本国で上場している場合、本国にEdinetと同様の制度があればそこから有価証券報告書と同様のアニュアルレポートを入手することができます。

米国企業のアニュアルレポート入手方法を知りたい方はその方法を以前紹介していますので、下記をご参考下さい。

外資系の企業研究のやり方

 

3.親会社(ホールディング会社)が上場している

例えばEDINETで「フジテレビ」と検索すると、「フジ・メディア・ホールディングス」が検索結果として表示されます。同様に、日本テレビ、TBS、テレビ朝日と検索しても、すべて「○○ホールディングス」という名前の会社が検索結果として表示されます。

これは、フジテレビ、日本テレビ、TBS、テレビ朝日といった事業会社自身は上場しておらず、その親会社にあたるホールディング会社(子会社の株式を保有しているだけの会社)が上場している事を示しています。

この様なケースにおいては、ホールディング会社の有価証券報告書は入手できるものの、事業会社自身の有価証券報告書を入手することはできません。

ただし、ホールディング会社有価証券報告書の連結情報の中には、子会社である事業会社の情報も含まれていますので、そこから企業研究を実施することができます。

例として、テレビ会社(ホールディング会社)の有価証券報告書から企業研究を行った方法を以前紹介していますのでご参考下さい。

テレビ業界の企業研究のやり方

 

最後に

今回は有用情報がたくさん詰まった、有価証券報告書の入手方法を記載しましたが、いかがでしたでしょうか。

また、有価証券報告書を用いた企業研究を体系的に知りたいという方は、下記の「企業研究物語」から一連の方法を理解することができますので、ご参考にしてみて下さい。

企業研究物語

 - 有価証券報告書の使い方

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

外資系企業の企業研究のやり方(米国編:EDGARの使い方2)

外資系企業の企業研究方法として、以前にEdgarを用いた企業研究のやり方を紹介し …

ニュースリリースと適時情報開示(IRリリース)の見方。

企業のウェブサイトで「採用情報」ばかりを見ていませんか?それだけでは会社が開示し …

有価証券報告書から給料・退職金を調べる方法

下記のA社とB社ではどちらが実質的な給料が高いと思いますか? 就職雑誌等で会社の …

有価証券報告書から従業員株式所有制度を採用する会社の探し方

就職雑誌等から希望する会社の平均年間給料を知っている人は多いと思います。 ただし …

有価証券報告書を使った企業研究のメリット・デメリット

有価証券報告書を使った企業研究を当サイトでは紹介しています。 物事には大抵、メリ …

就活生・転職者タイプ別、有価証券報告書活用ポイント

あなたが会社に求めるものは何でしょう? 仕事のやりがい?有名な会社に入ること?そ …

有価証券報告書から会社の経営課題・事業のリスクと会社が求める人材を見つける方法

就職活動や転職市場では、会社が抱える経営課題や事業のリスクを解決し、会社を発展さ …

外資系の企業研究のやり方(アジア編)

前回は米国外資の企業研究のやり方をご紹介しましたが、外資系といっても、欧州や米国 …

就活生・転職者が必ず知っておきたい監査報告書の見方

Edinetから有価証券報告書を検索すると、監査報告書という資料が添付されていま …

就職活動生・転職者がチェックすべき有価証券報告書の5つのポイント

就職活動や転職において、有価証券報告書はとても役立つ書類です。   し …