アニュレポ!

有価証券報告書情報を使った企業研究まとめ|就活生・転職者の企業研究

会社の退職金が厚生年金基金かどうかを調べる方法

      2014/12/22

退職金制度の有無が実質給与に関係するということを、これまで当サイトで紹介してきました。

今回はそのうち、約9割が解散予定とされている退職金制度である厚生年金基金について内容を解説していきたいと思います。

 

9割が解散すると見込まれている退職金制度、厚生年金基金とは?

退職金制度として、確定給付制度や確定拠出制度がある旨及び、有価証券報告書での調べ方をこれまで紹介してきました。

しかし、これとは別に、気になる会社の有価証券報告書に、採用している退職金制度として、「○○厚生年金基金」と記載されていたら、少し注意が必要です。

なぜなら「○○厚生年金基金」と書かれているものの約9割は、今後解散予定といわれているからです。

就職予定の会社が退職金制度として「○○厚生年金基金」を採用していたとしても、あなたの入社後には退職金をもらえない可能性があるのです。

 

参考及び出典:

http://www.tokyo-cci.or.jp/page.jsp?id=35391

http://blogos.com/article/84435/

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20141124/Economic_43197.html

 

厚生年金と厚生年金基金の違い

ここで勘違いして欲しくないのは、上記で記載しているのは厚生年金基金であって、厚生年金ではないということです。

厚生年金とは、通常のサラリーマンであれば皆、加入が義務付けられている公的年金です。

一方、厚生年金基金は厚生年金に、企業が退職金を上乗せしている部分も含んだ制度です。

今年4月1日に施行された法令改正により、厚生年金基金を採用している会社の、退職金上乗せ部分がなくなる可能性があるため注意が必要です。

 

退職金制度が厚生年金基金かどうかの見分け方

会社が厚生年金基金を採用しているかどうかは有価証券報告書から見分ける事ができます。

その方法は簡単です。

まず、EDINETを開いて気になる会社を検索して下さい(下記の記事参照)。

Edinetの使い方

有価証券報告書の入手方法

その後、目次から、第5経理の状況 1連結財務諸表等 注記事項 へと進むと、(退職給付関係)の箇所に記載されています。

具体的な方法は下記の記事を参照下さい。

有価証券報告書から給料・退職金を調べる方法

「採用している退職給付制度の概要」において、採用している退職制度が厚生年金基金のみとなっていないかどうかチェックしてみて下さい。

<例1:ワタミ株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書>

 (退職給付関係)

1.採用している退職給付制度の概要

当社グループは、従業員の退職後の福利厚生のために外食産業ジェフ厚生年金基金に加入しております。当該厚生年金基金制度は退職給付会計実務指針33項の例外処理を行う制度であります。

 

また、下記の会社のケースの様に厚生年金基金以外に確定拠出年金、確定給付年金を採用しており、このうち厚生年金基金部分の解散が決まっていることを開示しているケースもあります。

厚生年金基金と他の制度を併用している場合、厚生年金基金は解散する可能性がありますが、他の制度(確定給付、確定拠出制度 等)までもが解散するわけではありませんので注意してください。

<例2:ウライ株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書>

当連結会計年度(自 平成25年4月1日 至 平成26年3月31日)

1.採用している退職給付制度の概要

当社は、確定拠出年金制度及び確定給付年金制度を採用しております。

また、当社は、上記のほか京都織物卸商厚生年金基金に加入しておりますが、当該厚生年金基金制度は退職給付会計実務指針33項の例外処理を行う制度であります。同基金の年金資産残高のうち当社の掛金拠出割合に基づく当連結会計年度末の年金資産は3,052,064千円であります。

なお、京都織物卸商厚生年金基金は、平成25年9月4日開催の代議員会で特例解散の方針を決議しております。当方針決議により、同基金解散に伴う費用の発生が現時点で見込まれますが、不確定要素が多いため合理的に金額を算定することは困難であります。

 

尚、厚生年金基金を採用しているかといって、すべての厚生年金基金の解散が決定しているわけではありませんので注意して下さい。

また、こらまで、当サイトで紹介してきた会社の退職給付制度には、厚生年金基金制度のみを採用している企業はありません。

 - 有価証券報告書の使い方

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

有価証券報告書から会社の経営課題・事業のリスクと会社が求める人材を見つける方法

就職活動や転職市場では、会社が抱える経営課題や事業のリスクを解決し、会社を発展さ …

外資系の企業研究のやり方(米国編:EDGARの使い方1)

これまでも紹介している様に、日本の企業研究はEdinetと有価証券報告書を使いま …

外資系の企業研究に最適!Edinetから外国会社の日本語版有価証券報告書を入手する方法

以前、外資系希望者のために、米国Edgarというサイトから英語で外国会社の有価証 …

有価証券報告書から給料・退職金を調べる方法

下記のA社とB社ではどちらが実質的な給料が高いと思いますか? 就職雑誌等で会社の …

有価証券報告書から従業員株式所有制度を採用する会社の探し方

就職雑誌等から希望する会社の平均年間給料を知っている人は多いと思います。 ただし …

就職活動生・転職者がチェックすべき有価証券報告書の5つのポイント

就職活動や転職において、有価証券報告書はとても役立つ書類です。   し …

有価証券報告書を使った企業研究のメリット・デメリット

有価証券報告書を使った企業研究を当サイトでは紹介しています。 物事には大抵、メリ …

Edinetの使い方

Edinet(http://disclosure.edinet-fsa.go.j …

外資系企業の企業研究のやり方(米国編:EDGARの使い方2)

外資系企業の企業研究方法として、以前にEdgarを用いた企業研究のやり方を紹介し …

ニュースリリースと適時情報開示(IRリリース)の見方。

企業のウェブサイトで「採用情報」ばかりを見ていませんか?それだけでは会社が開示し …