アニュレポ!

有価証券報告書情報を使った企業研究まとめ|就活生・転職者の企業研究

有価証券報告書から従業員株式所有制度を採用する会社の探し方

      2015/01/06

就職雑誌等から希望する会社の平均年間給料を知っている人は多いと思います。

ただし、会社からの報酬は給料だけではありません。退職金や各種手当等、平均年間給料に含まれない制度により、従業員に報酬を支払っている会社も多くあります。

平均年間給料が同じ会社があったとしても、給料以外の手当や退職金がある会社とない会社では実質的な給料は大きく違ってきます。

この様な平均年間給料に含まれない退職金等の項目について、有価証券報告書から調べる事のできるものがあります(詳細は下記の記事をご参照下さい)。

有価証券報告書から給料・退職金を調べる方法

今回は、その中でも近年増加している福利厚生制度である、従業員株式所有制度についてご紹介します。

 

従業員株式所有制度とは?

「従業員株式所有制度」とは日本版ESOPとも呼ばれ、2つの形態(株式給付型、持株会型)があります。

このうち、株式給付型の従業員株式所有制度を採用している企業においては、一定の要件を満たした従業員に退職時等のタイミングで会社の株式が交付されます。

簡単に言うと、株式給付型の従業員株式所有制度とは退職時等に会社の株式がもらえる制度のことをいいます。

退職金は、退職時に報酬として現金が支給されるのと比較して、「従業員株式所有制度(株式給付型)」では退職時等に会社の株式がもらえます。

その株式を市場で売却すると自分の収入になりますから、従業員は会社の株式をなるべく高く保ちたいと考え、頑張って業績を向上させようと努力することになります。

これが会社が退職時に現金ではなく、会社の株式を交付する趣旨の一つです。

株式給付型の従業員株式所有制度は、近年、新しい福利厚生制度として注目されており、2014年1月時点で約60社がこの制度を採用しています。

また、この制度に関する費用は給料ランキング等で比較される平均年間給料には通常含まれていませんので、ライバルに知られることなく隠れた高給企業を探す事もできます。

 

有価証券報告書から従業員株式所有制度の有無を探す方法

あなたが希望する会社が、株式給付型の従業員株式所有制度を採用しているかどうかは、有価証券報告書から探すことができます。

Edinetから有価証券報告書を開く

まずは、自分が志望する会社をEdinetで検索して、直近の有価証券報告書を開いて下さい。

尚、有価証券報告書の入手方法、目次の開き方については、下記の記事を参照して下さい。

有価証券報告書の入手方法

 

有価証券報告書の目次から従業員株式所有制度の有無を確認する

次に目次の中から、「第4 提出会社の状況 (10)従業員株式所有制度の内容」という項目を探します。
この項目があれば、その会社は従業員株式所有制度を採用しているということになります。

 

<例:エン・ジャパン株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書 第4 提出会社の状況 (10)従業員株式所有制度の内容>

esop

 

株式給付型の従業員株式所有制度かどうかを確認する

前述したとおり、従業員株式所有制度には2つの形態(株式給付型、持株会型)があり、退職時等に一定の要件を満たすと株式がもらえるのは「株式給付型」の制度です。

従って、従業員株式所有制度を採用していたとしても、そのうち「株式給付型」の制度を採用しているかどうかを確認する必要があります。

その確認方法として、「第4 提出会社の状況 (10)従業員株式所有制度の内容」の以下の項目をチェックして下さい。

当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受け取ることができる者の範囲
○○○

以上の○○○の部分を、下記にあてはめることで株式給付型か持株会型かの判定を行うことができます。

 

○○○の部分が持株会会員となっている場合➡持株会型

<例:株式会社早稲田アカデミー 平成26年3月期 有価証券報告書 第4 提出会社の状況 (10)従業員株式所有制度の内容 一部ハイライト加工>

④ 当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

受益者確定手続により受益者として確定された信託終了時の従業員持株会の会員

 

○○○の部分が一定の要件を満たす従業員等となっている場合➡株式給付型

<例:ステラケミファ株式会社  平成26年3月期 有価証券報告書 第4 提出会社の状況 (10)従業員株式所有制度の内容>

③当該従業員株式所有制度による受益権その他の権利を受けることができる者の範囲

当社の定める規程に基づき株式給付を受ける権利を取得した者

 

最後に

今回は有価証券報告書から従業員株式所有制度を採用する会社の探し方を紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

また、有価証券報告書を使った企業研究を体系的に知りたいという方は、下記の「企業研究物語」から一連の方法を理解することができますので、ご参考にしてみて下さい。

企業研究物語

 

 - 有価証券報告書の使い方

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

外資系の企業研究に最適!Edinetから外国会社の日本語版有価証券報告書を入手する方法

以前、外資系希望者のために、米国Edgarというサイトから英語で外国会社の有価証 …

有価証券報告書から会社の経営課題・事業のリスクと会社が求める人材を見つける方法

就職活動や転職市場では、会社が抱える経営課題や事業のリスクを解決し、会社を発展さ …

外資系企業の企業研究のやり方(米国編:EDGARの使い方2)

外資系企業の企業研究方法として、以前にEdgarを用いた企業研究のやり方を紹介し …

ニュースリリースと適時情報開示(IRリリース)の見方。

企業のウェブサイトで「採用情報」ばかりを見ていませんか?それだけでは会社が開示し …

就職活動生・転職者がチェックすべき有価証券報告書の5つのポイント

就職活動や転職において、有価証券報告書はとても役立つ書類です。   し …

Edinetの使い方

Edinet(http://disclosure.edinet-fsa.go.j …

外資系の企業研究のやり方(米国編:EDGARの使い方1)

これまでも紹介している様に、日本の企業研究はEdinetと有価証券報告書を使いま …

連結情報と単体情報の違い。有価証券報告書を見る上で知っておきたい5つのこと

有価証券報告書には連結情報と呼ばれるグループ会社全体の情報と、単体情報と呼ばれる …

会社の退職金が厚生年金基金かどうかを調べる方法

退職金制度の有無が実質給与に関係するということを、これまで当サイトで紹介してきま …

就活生・転職者が必ず知っておきたい監査報告書の見方

Edinetから有価証券報告書を検索すると、監査報告書という資料が添付されていま …