アニュレポ!

有価証券報告書情報を使った企業研究まとめ|就活生・転職者の企業研究

iPS細胞の実用化を目指す企業4選

      2014/12/03

政府が主導する成長戦略として掲げられている再生医療分野の中で、2012年ノーベル医学生理学賞受賞により注目されているiPS細胞。今回はそのiPS細胞の実用化を目指して、研究開発・事業化に取り組んでいる企業を4つピックアップしました。

 

将来、企業内研究者としてiPS細胞に関わりたい方は必見です。

 

株式会社新日本科学

前臨床、臨床受託事業 等を展開

<株式会社新日本科学 平成26年3月期 有価証券報告書 対処すべき課題より抜粋>

⑦ 再生医療分野への取り組み

国内では、人工多能性幹細胞(induced pluripotent stem cell、以下「iPS 細胞」)を用いた新薬の研究開発、移植治療などの再生医療への応用・実用化の期待が高まっております。また、現政権が主導する我が国の成長戦略の柱の一つにも医療・健康領域の産業が据えられたことなどから、先進医療技術の実現や革新的な新薬・医療機器の創出が、日本の国際競争力の強化、経済再生に結びつく重要な国家戦略の一環と位置づけられました。このことにより、新薬の研究開発、特にiPS細胞の早期臨床応用に向けた手法の確立に国内外から注目が寄せられております。

このような状況下において、当社は、平成25年2月、京都大学iPS細胞研究所と「人工多能性細胞(iPS細胞)由来神経細胞による脳移植治療実現化に向けた安全性試験法の確立」に係る共同研究契約を締結し、iPS細胞を用いたパーキンソン病治療の臨床応用に必要な安全性試験のデファクトスタンダードの確立に向けた研究開発に着手しております。また、京都大学iPS細胞研究所には当社スタッフを派遣してエキスパート養成にも注力しております。

一方、当社は、平成25年4月に独立行政法人理化学研究所の認定ベンチャーである株式会社ヘリオスによる3億円の第三者割当増資を引き受けました。株式会社ヘリオスは、理化学研究所が発明したiPS細胞技術に係る特許の実施許諾に基づき、iPS細胞から分化誘導した網膜色素上皮細胞移植による、加齢黄斑変性症の新たな治療法を開発中です。また、当該治療開発を端緒として、視細胞移植、網膜再生薬、検査法開発等により、未だ治療法のない難治性網膜疾患の治療を目標とされています。当社は、基幹事業とする前臨床試験受託事業で培ったノウハウを活用し、株式会社ヘリオスが推進するiPS細胞由来の網膜色素上皮胞移植による再生医療の技術確立に貢献するため、安全性を担保する非臨床試験分野において優先的な受託関係を構築すべく業務提携契約を締結させていただきました。

併せて、当社は、平成25年7月に独立行政法人理化学研究所と「iPS細胞等を利用した眼科疾患領域細胞治療の実現に向けた薬効評価法の確立」に関して共同研究契約を締結し、早期実用化へ向けたサポートに取り組んでおります。

 

株式会社リプロセル

iPS細胞事業、臨床検査事業を展開

 

<株式会社リプロセル 平成26年3月期 有価証券報告書 事業の内容より抜粋>

3【事業の内容】
当社グループ(当社及び当社の関連会社)は、当社、子会社2社及び関連会社2社により構成されており、ヒトiPS細胞及びヒトES細胞の技術を基盤とした(1)iPS細胞事業と、臓器移植等に係わる(2)臨床検査事業を展開しております。

また、iPS細胞事業に関する製品群は研究試薬製品と細胞製品の2つに大きく分けられます。

事業の概要は以下のとおりであります。なお、次の2事業は「第5 経理の状況 1 連結財務諸表等 (1) 連結財務諸表 注記事項」に掲げるセグメントの区分と同一であります。

事業内容 区分 内容
iPS細胞事業 研究試薬製品 ヒトES/iPS細胞の研究に必要な、培養液、剥離液、凍結保存液、コーティング剤(*)、抗体(*)など、ヒトES/iPS細胞に最適化された各種研究試薬の製造販売を行っています。
細胞製品 ヒトiPS細胞から、心筋、神経、肝臓などの様々な細胞を作製し、専用培養液やコーティング剤とともに、主に製薬企業に販売しています。これらの細胞製品は、製薬企業において、新薬候補化合物の薬効試験や毒性試験の実験材料として使用されます。また、同細胞を利用して、薬効試験や毒性試験を当社内で実施する受託サービスを提供しております。
臨床検査事業 臓器移植及び造血幹細胞移植で必要とされる臨床検査に特化した検査受託サービスを提供しています。具体的には、対象顧客である医療機関から血液や血清などの検体を当社の衛生検査所に搬送し、検査を実施するというものです。受託方法には、医療機関からの直接受託と他の検査会社を経由した再受託の両方があります。

 

大日本住友製薬株式会社

医療用医薬品の製造 ・販売

 

<大日本住友製薬株式会社 平成26年3月期 有価証券報告書 対処すべき課題より抜粋>

新規事業分野の開拓も加速していきます。細胞医薬では、米国のサンバイオ・インクとの間でライセンス導入に関するオプション契約を締結している脳梗塞治療剤SB623の第三期中期経営計画期間中の事業化に向けて積極的に取り組み、再生医療では、眼疾患領域においてiPS細胞を用いた世界初の事業化を目指し、株式会社ヘリオスとの共同開発を推進するなど、その取組を強化していきます。ワクチン事業についても、独自性の高い先端技術を通じて事業基盤の構築を進めてまいります。

 

テラ株式会社

細胞治療技術開発事業、細胞治療支援事業等を展開

 

<テラ株式会社 平成25年12月期 有価証券報告書 業績等の概要より抜粋>

平成25年4月に、独立行政法人理化学研究所認定ベンチャー企業で、世界初のiPS 細胞を用いた再生医療の実用化を目指す株式会社ヘリオス(旧株式会社日本網膜研究所)と出資に関する株式引受契約を締結いたしました。また、同年12月に、業務提携に関する基本合意書を締結し、iPS 細胞を用いたがん免疫細胞療法の開発に向けた検討を開始いたしました。

 

 - 企業研究まとめ

ad

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

あの国民的アイドルが!有価証券報告書にアイドルの記載がある会社5選

目次1 国民的アイドルを有価証券報告書から探そう!1.1 株式会社サマンサタバサ …

大企業だけじゃない!労働組合が結成されている意外な会社

「労働組合」という言葉をなんとなく知っているという方は多いと思います。 労働組合 …

割増退職金相場2014。こんなに貰っちゃっていいの?最高2千万円代も!リストラで得する人、損する人。

リストラという言葉自体にはマイナスのイメージがあります。 しかし、優秀なサラリー …

ストックオプションを採用している銀行60選

目次1 ストックオプションを採用している銀行を挙げていきます。1.1 都市銀行1 …

女子が働きやすい職場づくり、管理職登用に取り組む企業5選

他の先進国に遅れ、未だに男性社会中心の日本企業。 そんな中、有価証券報告書の「対 …

従業員株式所有制度を採用している会社5選

目次1 「従業員株式所有制度」(退職時等に会社の株式がもらえる制度)を採用してい …

㈱オリエンタルランドとディズニーの企業研究。有価証券報告書からわかる7つのこと

2014年3月期に過去最高の売上高、営業利益を記録し、東京ディズニーリゾートの入 …

こんなに違う給料と退職金の税金

サラリーマンの給料支給額と手取額が違うという話は聞いたことがあると思います。 手 …

綺麗で立派なオフィスが実は危ない?就活生なら知っておきたいトレードオフの関係

目次1 給料とオフィスのトレードオフの関係とは?2 身近な例に置き換えてみよう! …

家具業界の企業研究!ニトリ、良品計画、大塚家具の違いを徹底分析

着実に売上高を伸ばし国内では圧倒的な一人勝ちを収めるニトリ、25%以上の売上高を …